お役立ち情報

UNIMOのプログラム紹介②【生活プログラム】

皆さんこんにちは。

今回は、運動発達支援スタジオUNIMOで行う生活プログラムのご紹介をいたします。

UNIMOでは、運動療育プログラムにて、感覚統合理論をベースにした脳の活性化を目的とした
運動メニューに取り組みます。
そのうえで、お子さまの生活技術の向上のための生活プログラムを提供します。

生活プログラムでは3つのテーマに分かれたカリキュラムがあります。

①ビジョントレーニング
②ADLトレーニング
③ソーシャルスキルトレーニング

①ビジョントレーニングとは、
眼球運動のコントロール能力、焦点合わせ機能、両目の協調機能、動体視力、立体視能力、
奥行認識能力等の視覚能力を向上させるトレーニングです。
UNIMOでは、このトレーニングを行うことで、読み書きの力や集中力、空間認知能力の向上に
つなげ、生活能力の向上を目指します。

具体的には、色や形状を認知して指先の作業をする活動や、点と点をつなぎ文字や記号の
模写を練習するプログラム、創造力を育むパズル遊び、迷路・間違い探しなど、様々な
メニューがあります。

②ADLトレーニングとは、
まずADL(日常生活動作)は、食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴などの生活を営む上で
不可欠な基本的行動のことを指します。
UNIMOでは、普段行う手洗いうがいに加え、キャラクターの顔を完成させることでボタン等の
留めはずしやマジックテープの着脱、仲間集め等を通して片付けの概念を学習していきます。
微細運動と言って、手先の器用さを高め、生活技術の基礎を身につけます。

③ソーシャルスキルトレーニングとは、
ソーシャルスキルは対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技術のことです。
言い換えれば、対人場面において、相手に適切に反応、対応するために用いられる
言語的・非言語的な対人行動のことでその対人行動を習得する練習のことです。
UNIMOでは、ルールのあるゲームを通じて、決められたルールを理解し、守ることから
順番を意識して、勝ち負けでの感情のコントロールをうまくできるようにしたり、
お茶会などでは、「あいさつ」や「やり取り」を体験したり、場面ごとの適切な
言葉や表現の使い方などを学びます。

いかがでしたか?
文字だけの説明ですとなかなかお伝えすることが難しいですが、もしご興味があるかたは
一度UNIMOに見学や療育相談にお気軽にお越しください。

体験等もできますので、是非お子さまにあった療育を検討されている場合はご相談下さい。

コメントを残す

CAPTCHA


  • 就職支援
  • 空き状況とご予約
  • ページのトップに戻る