お役立ち情報

発達が気になる場合の相談はどこにしたらいいの?

自分や我が子の発達障害に気付いたら誰でも困惑します。
私の姪っこも自閉症スペクトラムと診断され、家族一同困惑したことを覚えています。

障害を受け入れることが困難な場合もあるかもしれませんが、発達障害は早期発見・早期療育が重要です。
発達障害と診断される前から、療育に取り組むケースもたくさんあります。

もし発達障害でなかったとしても、療育を受けることはお子さまの発達にとって、良い方向に働いてくれるはずです。

発達障害に関する相談を受けてくれる機関に、区市町村の障害福祉課・保健センター・子育て支援センター(子ども家庭支援センター)
・児童相談所・発達障害者支援センターなどがあります。
各機関の事業内容は地域等によって異なりますが、指導や助言などを行ってくれます。

以下、各機関の紹介をさせて頂きます。
ご不安なことはお一人で抱え込まず、まずは相談してみましょう。

<区市町村の障害福祉課>
区市町村役所に設置されている窓口です。
下記社会資源のご案内や手帳や福祉サービスを受けるためのサービス受給者証の手続きを行っています。

<市区町村保健センター>
保健センターは都道府県が設置する保健所とは異なり、区市町村が設置し、母子保健・老人保健を担っています。
1歳半・3歳児健診などで足を運んだことがある人も多いのではないでしょうか。
区市町村保健センターでも発達やことばなどに関する悩みを聞いてくれる発達相談を行っています。

区市町村保健センターでは、(市町村により異なる場合がありますが、)子どもだけでなく高校生や成人に対する発達障害の相談も受け付けています。
区市町村保健センターの相談は、予約制の場合が多いので、あらかじめ電話などで確認をされるといいと思います。

<子育て支援センター(子ども家庭支援センター)>
子育てをしている家庭の支援活動を行う施設であり、育児に関する不安の相談に応じてくれます。
子育てサークルの支援もおこなっていて、発達障害児のサークルなどが活動を行っている場合もあります。

<児童相談所>
0歳~17歳の児童を対象として、保健相談・発達障害などの心身障害相談を行っています。
必要に応じて、発達検査などを行う場合もあり、医師や児童福祉士、保健師、児童心理士、言語聴覚士などの支援や療育などのアドバイスがもらえます。

<発達障害者支援センター>
保健・教育・労働などの関係機関と協力しながら、発達障害者の総合的な支援を行う施設です。
発達障害者支援センターの行う支援には、主に相談支援・発達支援・就労支援・普及啓発支援・研修支援などがあり、専門的に支援してくれます。

発達障害者支援センターが近くにない場合には、電話相談も受け付けています。

私どもASUMOでも、ご案内を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

コメントを残す

CAPTCHA


  • 就職支援
  • 空き状況とご予約
  • お問い合わせ
  • ページのトップに戻る