お役立ち情報

発達障害って何だろう?

発達障害とは、主に先天性の脳機能障害が原因となり、乳幼児期に生じる発達の遅れです。
精神障害や知能障害を伴う場合もあります。

発達障害は、症状の特徴によりいくつかに分類されますが、いくつかの発達障害を合併することもあります。
また、知的障害や精神障害が合併していることもあります。
【発達障害の原因】
発達障害の原因は脳機能の障害とされていますが、なぜ脳機能障害が起こるのかということは、はっきりとしていません。
わが子の発達障害が発覚して、自分を責めてしまう親御さまもいますが、しつけや育て方、環境などが原因ではありません。
本人の怠慢などでもありません。
【発達障害の分類と特徴】
発達障害の特徴は、先天性の障害だということ、障害は生涯にわたるということ、障害が発達の過程で(年齢とともに)現れてくるということが挙げられます。

発達障害は、発達障害者支援法により定義付けられ、主に広汎性発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害の3種類に分類されています。
自閉症やアスペルガー症候群は広汎性発達障害に含まれます。

同じ種類の発達障害であっても、症状はさまざまであり、症状は人によって異なります。
次に主な症状の特徴を紹介しますが、必ずしも全て当てはまるわけではなく、いくつかの種類の特徴を持ち合わせている場合もあります。

<広汎性発達障害の特徴>
広汎性発達障害にはコミュニケーション・対人関係・社会性の障害、行動にパターン化が見られるという特徴があります。
また、記憶力がとても優れている場合もあります。

<学習障害(LD)>
知的な発達に遅れがない場合が多く、聞く・読む・書く・計算するなどの能力の一つまたはいくつかを身につけることに困難が生じます。

<注意欠陥多動性障害(AD/HD)>
特長には不注意(集中力がない)・他動性(じっとすることができない)・衝動性(善悪を判断せずに行動してしまう)などがあります。

【発達障害の療育とは?】
療育はその人の持っている力を引き出し、充実した生活を送れるようにするための援助であり、社会的な自立への支援でもあります。
無理に何かが出来るように訓練したり、症状の改善のために何かをしたりするのではありません。
その人に合わせた援助を総合的に行っていくのです。

専門家のもとで療育を受けられる療育機関や、ASUMOのような療育プログラムが組まれた通所施設などがありますが、その人に合った療育を行うことが大切です。
無理やりやらせるようなことは逆効果となってしまいます。
その人が「生活しやすくなるためにどうしたら良いか」「どんな力を持っていて、どう伸ばしていけば良いのか」などを、考えて支援してあげることが大切なのです。

コメントを残す

CAPTCHA


  • 就職支援
  • 空き状況とご予約
  • ページのトップに戻る